節分

2月3日は節分。

節分は「立春」の前日にあたり、立春は暦の上で春が始まる季節のこと。つまり、節分は冬の終わりの日で、翌日から新しい季節が始まる区切りの日となります。そのため邪気や悪いものを落として、新しい年に幸運を呼び込むために、節分という行事が行われます。

保育園でも鬼のお面や三方を作りました。

節分の当日はみんなで節分の会に参加しました。パネルシアターで節分の由来を伝えました。

各クラスの製作の紹介をしました。

そこへ、鬼がやって来ました!みんなで「鬼は外!福は内!」と豆を投げて退治しました。

給食は「赤おにさんライス」

かわいらしい赤おにさんにみんなも大喜びでした。

心に住んでいる悪い鬼を退治して、午後は恵方巻づくりをしました。

今年の恵方は「北北西」しゃべらず、黙々と食べて1年の幸せをみんなでお願いしました。